ワックス脱毛は肌に悪い?ワックスの種類と選び方

ワックス脱毛は肌に悪い?ワックスの種類と選び方

 
 
私は最近、
 
はじめて
ワックス脱毛
挑戦してみました。
 
それも、
 
サロンでやってもらうのではなく
ブラジリアンワックスの
セットを購入して
自宅でセルフで行いました。
 
通常脱毛サロンなどで
ブラジリアンワックスを
行ってもらうと、
 
私の調べた限りでは
VIOの脱毛で6000円ほどするようです。
 
私が購入したワックスの場合、
 
1つ3600円ほどで
しかも一度には使いきらないので、
 
コスパ的には
自分で買った方が断然お得
だと思い、
 
ブラジリアンワックス購入に
踏みきりました。
 
私がブラジリアンワックスに
興味を持ったきっかけは、
 
一度にたくさんの毛を
抜くことができるということで
効果が長続きするということ。
 
【関連記事】
 
 
今までは
ムダ毛を剃って処理していましたが、
 
すぐ生えてきちゃうし
ちょくちょく剃るのは
面倒なので、
 
つい
放ったらかしにしてしまうことが
多かったです。
 
そのため、
 
夏でもカーディガンが
手放せません(笑)
 
そこで、
 
ブラジリアンワックスに
チャレンジすることになりましたが、
 
この決断をするまでは
かなり悩みました。
 
というのも、
 
ワックス脱毛は
お肌に負担ということを
よく聞くからです。
 
メリットも大きい
ワックス脱毛ですが、
 
デメリットも
それなりにあるということで
今回はワックス脱毛の
肌ダメージについて
取り上げてみたいと思います。
 
 
 
 

ワックス脱毛のダメージは?

 
 
 
 
ワックス脱毛というのは
自宅でもワックスを塗るだけで
簡単に脱毛をすることができます。
 
しかし、
 
ワックスと一緒に
ムダ毛をはがして抜く
という方法のため、
 
お肌への負担は
どうしても大きくなってしまいます。
 
そのため、
 
ワックス脱毛を行った際には
埋没毛やその他の
肌トラブルを避けるためにも、
 
保湿などのアフターケアを
念入りにする必要があります。
 
【関連記事】
 
 
また、
 
アフターケアだけではなく
ワックス剤を選ぶ際にも、
 
お肌への負担を
軽減するポイントがあるので、
 
そのポイントについて
お伝えしていきます。
 

ワックス剤の特徴を知る

 
ワックス剤の種類には
温めて溶かして使うハードワックス
 
溶かす必要のない
ソフトワックス
分類することができます。
 

ハードワックス

 
ハードワックスの場合
一旦溶かして固まるまで
待つ必要があるので、
 
熱い状態でお肌に
のせていく必要があります。
 
そのため温めすぎによるやけどなど、
 
ソフトワックスに比べ
お肌へのダメージは
大きくなります。
 

ソフトワックス

 
ソフトワックスは
ハードワックスと違い、
 
はじめから柔らかい状態なので
そのまま使用することができます。
 
ソフトワックスは
水性ワックスと油性ワックス
2種類に分けることができます。
 
それぞれの特徴を見ていきましょう。
 
 
水性ワックス
 
 
 
原料は砂糖やはちみつからできており、
 
脱毛用のシートをのせて
ワックスをはがしていきます。
 
お肌にも優しい原料のため
デリケートな部分へも
使用できるとされています。
 
ハードワックスや
油性ワックスに比べると
粘着力が弱いため、
 
使用する際は
ムダ毛を1cmほどまで
伸ばす必要があります。
 
しかし、
 
他のワックス剤に比べて
お肌への負担は
少ないといえます。
 
 
油性ワックス
 
油性ワックスは
ソフトワックスに比べると
粘着力が強く
脱毛効果も高いそうです。
 
しかし、
 
原料に松ヤニを使用しているため
アレルギーを持っている方は
使用できません。
 
また、
 
脱毛効果が高い分
お肌へのダメージも大きく
自分で行うには
リスクが高くなります。
 
 

お肌に負担の少ないのは水性ワックス

 
ワックス脱毛をしたいけど
お肌への負担はなるべく
少なくしたい!という場合には、
 
水性ワックスがおすすめです。
 
原料も砂糖やはちみつといった
食品が主でできているので
お肌に塗るには安心です。
 
また、
 
ワックスが肌に残ってしまっても
お湯で洗い流すことができるので、
 
ビギナーでも比較的
使いやすいと思います。
 
私が買ったブラジリアンワックスも
砂糖やはちみつが原料の
水性ワックスです。
 
 
 
使ってみると、
 
本当にこれでムダ毛が抜けるのか?
って思うくらい
柔らかかったのですが、
 
脱毛ペーパーをのせて
ワックスをはがすと、
 
ワックスと一緒に
キレイにムダ毛も抜けていました。
 
他の種類のワックスと比べると
脱毛効果は控えめということでしたが、
 
しっかり抜けていたので
私はこれでも十分だと思いました。
 
【レビュー】
 
 

まとめ

 
今回は
ワックス脱毛の
お肌へのダメージは?
ということをテーマに
お伝えしてきました。
 
ワックス剤といっても
種類が色々あるようで、
 
ワックス脱毛初心者にとっては
どの種類を選ぶかということも
難しいと思います。
 
しかし、
 
お肌に負担の少ない
ワックスを選ぶことで
肌ダメージを避けることもできるので、
 
自分にはどのワックスが合っているのか
しっかりと考えた上で
選んでいきたいですね。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする