自分でできる脱毛法!ブラジリアンワックスとは?

自分でできる脱毛法!ブラジリアンワックスとは?

 
 
みなさんは
ムダ毛処理の中で
最も歴史の深い徐毛方法って
何だか御存知ですか?
 
ムダ毛処理自体が始まったのは
なんと遥か昔の
紀元前の頃まで遡ります。
 
そして、
 
その頃の人たちが行っていた
ムダ毛処理方法というのが
ワックスによる脱毛でした。
 
【関連記事】
 
 
古代文明の頃には
まだドラッグストアもなければ
楽天やAmazonといった
通販もありませんでした。
 
にもかかわらず
ワックスをどのように
調達していたのかというと、
 
なんと
材料を混ぜ合わせて
自分達で脱毛ワックスを
作っていたのだそうです。
 
その原料というのは
デンプンや硫黄、
 
他にもハチミツから作られる
ワックスもあったそうで、
 
世界三大美女として有名な
クレオパトラ
ハチミツなどが原料になっていた
ワックスを使用して
ムダ毛処理を行っていたのだそうです。
 
これまで
ワックスを使った脱毛って
痛そうだし肌にも
ダメージが強いんじゃないの?
と思って敬遠していましたが、
 
こんなに歴史のある
方法だということがわかり、
 
少し興味が湧いてきたので
最近よく耳にする
ブラジリアンワックスについて
調べてみることにしました!
 

ブラジリアンワックスとは

 
 
 
 
では
そもそもブラジリアンワックスとは
いったいどういうものなのか?
ということについて掘り下げてみます。
 
ブラジリアンワックスとは、
 
主に
VIOのムダ毛処理に使われる
脱毛方法で、
 
その名の通り
ブラジルが名前の由来となっている
脱毛方法です。
 
なぜブラジルが名前の
由来になっているのかというと、
 
リオのカーニバルなどの
ダンサーを思い出して頂けると
わかると思いますが、
 
ブラジルのダンサーの方々は
見事にTバックを履きこなしていますよね!
 
また、
 
Tバックが発祥したのも
ブラジルということから
ブラジリアンワックスと
命名されたようです。
 
 
処理方法としては、
 
ペースト状になっている
ワックスを処理したい
ムダ毛部分に塗り、
 
ムダ毛と一緒にワックスを
剥がして徐毛を行います。
 
つまり、
 
ワックスを用いて
ムダ毛を抜くという方法ですね。
 
 

ブラジリアンワックスの特徴

 
ブラジリアンワックスの特徴として
言えることが、
 
VIOなどのアンダーヘアの処理として
用いられるということです。
  
長年日本に住んでいる私は
ワックスを使用して
デリケートゾーンのムダ毛を処理するなんて
大丈夫なの?!って思ってしまいますが、
 
海外では
ワックスを用いて行われる
デリケートゾーンのムダ毛処理は
一般的のようです。
 
ワックス脱毛は
レーザー脱毛などのように
永久脱毛にはならないので、
 
キレイにしたいけど
永久脱毛まではしたくない…
と迷ってしまう部分でもある
デリケートゾーンのムダ毛処理としては
合っているのかもしれません。
 
 
 

ブラジリアンワックス、その効果は?

 
 
 
 
では、
 
ブラジリアンワックスで徐毛した時の
効果はどうなのか?
 
ということですが、
 
カミソリでムダ毛を剃った時には
2,3日たつとすぐに毛が
伸びてきてしまいます。
 
それに対して
 ブラジリアンワックスの場合は、
 
ムダ毛を抜いて処理するという方法なので
 効果も長続きします。
 
個人差もあるようですが、
 
 
大体10日~3週間ほど
ムダ毛処理後の
ツルツルがキープされるようです。
 
ワックスと一緒に
毛根からムダ毛を抜くことができるので、
 
自分で行う
他のムダ毛処理方法に比べると
長持ちしますね!
 
抜くという方法のため
 痛みは伴うようですが、
 
10日以上持つということであれば
一ヶ月のうちで
ムダ毛をするのは2~3回
ということになるので、
 
しっかりと
アフターケアをしていけば、
 
毎日カミソリで
お肌にダメージを与えるのよりは
いいのかもしれませんね。
 

まとめ

 
今回は
ブラジリアンワックスについて
取り上げてみました。
 
これまでは
ワックスってどうなの?と
思っていましたが、
 
長い歴史があるということと
効果が自分で行う
ムダ毛処理のなかでは
長持ちするということで、
 
ちょっと興味がわいてきました。
 
何よりも
ずぼらな性格の私にとっては
結構合ってるかもしれません!
 
もう少し
ブラジリアンワックスについて
調べてみて
私にもチャレンジできそうだったら
試してみようかな~って思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする