手遅れになる前に!剃り残しを防ぐムダ毛処理とは?

手遅れになる前に!剃り残しを防ぐムダ毛処理とは?

たいていの場合

パンツルックな私は、

普段履かないスカートを履く前日には、

念入りにスカートから

出る部分のムダ毛処理を行います。

その場合、

カミソリを使用して

ムダ毛処理を行うことが多いのですが、

しっかりとムダ毛処理をしたつもりでも

かなりの確率で剃り残しがあるのです。

私の場合、

足の同様に

なぜか腕もよく剃り残しをしてしまいます。

剃り残しがあると

せっかくのおしゃれが

台無しになってしまうと同時に

恥ずかしい思いもしてしまいます。

そういったことをなくすためにも

なぜ剃り残しをしてしまうのか

原因を突き止め、

対策を講じなければなりません。

剃り残しの原因とは?

綺麗に剃ったつもりでも

なぜ剃り残しをしてしまうのか調べたところ、

その原因は

使用しているカミソリ

ムダ毛の処理方法にあるようです。

ムダ毛処理を行う部分に適したカミソリを!

私はムダ毛処理を行う際、

顔はI字のカミソリ、

それ以外の場所は

T字のカミソリで剃っていましたが、

剃る場所によってカミソリの使い分けが

重要になってくるのだそうです。

足や脇・腕などは

ムダ毛の生えている範囲も広いため、

T字カミソリの方が

剃りやすいと思って使っていました。

しかし、

などの平ではない部分や

Vラインなどの狭い部分などは

細かい作業が必要とされるため、

T字よりもI字の方が

適しているのだそうです。

ムダ毛を処理する際には、

その部分に合ったカミソリを使用して

剃り残しを防いでいきたいですね。

剃り残しをなくすための剃り方とは?

ムダ毛を剃る時、

今まではなんとなくカミソリを

肌の上に滑らせていましたが、

その際も正しい方法で剃っていくことで

剃り残しを極力防いでいけるそうです。

そのポイントとしては

シェービングをする際には

ムダ毛を剃りやすい状態にしておくということです。

その方法として、

蒸しタオルで剃る部分を温めるということと

しっかりとシェービングクリームを

つけるということです。

カミソリでムダ毛処理をする際には

お風呂に入る際に

石鹸やボディソープを泡立ててそれを

シェービングフォームに見立てて

ムダ毛処理を行ったりしていましたが、

入浴時にシェービングを行うというのは

お肌のことを考えるとNGなのだそうです。

なぜ入浴時にカミソリの使用を避けたほうがいいのか?

詳しくはこちらの記事で!

逆剃りは必要最低限に!

毛の流れに沿って

一通りの毛を剃れたら

剃り残しがないかチェックをします。

そして剃り残しがある部分のみ

逆剃りをしてムダ毛を剃っていきます。

私の場合、

逆剃りをすると

ムダ毛がよりしっかりと

剃れるような気がしていたので、

すべての部分に逆剃りをしていましたが

それはお肌にとっては

負担が大きくなってしまうので、

必要最低限にとどめることで

お肌のダメージを最小限に抑えるとともに

剃り残しも無くしていこうというわけです。

もしカミソリだけでは

綺麗に剃りきれないということであれば、

電気シェーバーの力を借りるのも

一つの手段です。

カミソリだけでは

どうしても剃り残しができてしまう場合、

そのままカミソリで

何度もシェービングすると

お肌を傷つけてしまう可能性もあるので、

方法を変えて電気シェーバーに

切り替えるのも剃り残しを無くしていくための

方法の1つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする