なんとかしたい!カミソリ負けのかゆみ!対策は?

なんとかしたい!カミソリ負けのかゆみ!対策は?

ムダ毛対策として

最も一般的で

手軽に誰でもできる方法といえば

カミソリですよね。

その手軽さゆえに、

夏などの露出の多い時期には

週に何度もカミソリで

ムダ毛処理を行ってしまい、

カミソリ負けを起こしてしまいます。

夏のファッションを楽しむ為には

ムダ毛処理にもついつい

気合が入ってしまい、

気がついたら

お肌が湿疹のようになっていたり

かゆみが出てしまうこともあります。

私の場合、

特にムダ毛処理回数が

他の部分よりも多くて

敏感な部分である

ワキのカミソリ負けによる

かゆみに悩まされています。

そこで今回は、

こういったカミソリ負けによる

かゆみを防ぐ為の対処法について

考えてみたいと思います。

カミソリ負けの原因

まずは

どうしてカミソリ負けが

起こってしまうのか、

カミソリ負けの原因について

探っていきましょう。

正しい方法でムダ毛処理を行えていない

カミソリ負けの原因としてあげられるのが

正しい方法でカミソリを使用できていなかったり

ムダ毛処理をする為の

環境が良くないということが挙げられます。

よくカミソリを使用する環境として

使用されるのが

お風呂場だと思いますが、

そもそも

入浴中のカミソリの使用というのが

NGなんです。

入浴中というのは

お肌が柔らかくなっている状態なので、

カミソリによるダメージを

受けやすくなってしまいます。

また、

シェービングフォームの代わりに

ボディソープを代用することがあると思いますが、

ボディソープの泡というのは

ムダ毛処理を目的として作られたものではないため、

カミソリのダメージから

お肌を守るには

十分とは言えません。

そのため、

カミソリでムダ毛処理をする場合は

専用のシェービングフォームを

使用する必要があります。

また、

きれいに剃ろうと思うと

何度も同じ場所を剃ってしまったり

逆剃りをしてしまったりすると思いますが、

カミソリを使用するときというのは

基本的に毛の流れに沿って

カミソリをお肌に当てる回数を

なるべく少なくしてムダ毛を剃っていきます。

何度も同じ場所を剃ってしまうと

その分お肌へのダメージも大きくなり、

カミソリ負けの原因となってしまいます。

カミソリ負けの対策は?

では、

カミソリ負けによるかゆみには

一体どのように対処すればいいのでしょうか。

かゆみが出てしまった場合、

痒くて患部を掻きたくなるかもしれませんが

掻いてしまうと余計に症状が

ひどくなってしまう場合があるので、

炎症が起きてしまったところを

冷やして症状を和らげましょう。

そして、

症状がそこまでひどくない場合は

オロナインなどの市販薬で対処できますが、

もし

カミソリ負けで痒くて痒くて

どうしようもないという場合、

皮膚科に相談することをお勧めします。

日頃からの保湿ケアが大事

カミソリを使用する場所であったり

使用方法も大切なポイントですが、

ムダ毛処理によるダメージから

お肌を守るためには、

日頃から保湿ケア

しっかりとしておき、

お肌のバリア機能を高めておくことが

カギとなってきます。

かゆみの他にも

埋没毛や色素沈着といった

お肌トラブルを防ぐことにも有効なので

ムダ毛処理後のアフターケアや

日常の保湿はしっかりと行うようにしましょう。

→黒ずみ・色素沈着対策とお肌の保湿に
何を使えばいい?有効なアフターケア商品

ムダ毛処理の回数を少なくする

カミソリを使用したムダ毛処理というのは

せっかくムダ毛処理をしても、

数日たったらすぐに

ムダ毛が生えてきて、

ムダ毛処理の回数も増えてしまいます。

そのため

お肌へのダメージが与えられる頻度も

多くなってしまいます。

そのため、

なるべく効果の持続する

ムダ毛処理方法を選ぶというのも

1つの手段ではないでしょうか。

私が最近試しているのは

ブラジリアンワックスによる

ワックス脱毛と、

除毛クリームを使用した方法です。

それぞれ腕と足に

試しましたが、

2週間ほどムダ毛が

気にならない状態が続きました。

もちろん

カミソリ負けでお肌に炎症が起きている場合には

2つの方法を試すことはできませんが、

しっかりとお肌のケアをして

お肌のコンディションが良くなったら

ムダ毛処理回数が少なく済む方法を選ぶのも

対策としてはアリではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする