ワックス脱毛は痛くないの?痛み軽減策が知りたい!

ワックス脱毛は痛くないの?痛み軽減策が知りたい!

 
 
ブラジリアンワックスでと聞いて
思い浮かべることとはなんでしょうか?
 
ブラジリアンという名前から
ブラジルを思い浮かべる人や、
 
ブラジリアンワックスといったら
VIO脱毛でしょ!
 
という方もいらっしゃると思います。
 
私の場合、
 
ブラジリアンワックスの名前を聞いて
 
まず思い浮かべるのが
痛いんじゃないの?ということです。
 
これまで
ブラジリアンワックスの存在は
知っていましたが、
 
ワックスを使って
一気にムダ毛を抜く!
という方法から
 
「こんないたそうな方法は
絶対ムリ!」と、
 
長い間敬遠していました。
 
しかし、
 
ブラジリアンワックスには
自分で行えるムダ毛処理の中では
比較的効果が持続するということや、
 
手軽に脱毛ができるという
メリットもあるので、
 
私のムダ毛処理候補の中に入れても
いいのではなかろうか?
 
と最近思い始めています。
 
【関連記事】
 
 
 
でも、
 
当初からの不安要因でもある
痛みについて
このまま見過ごすわけには行かないので、
 
今回は
ブラジリアンワックスの痛みとは
いったいどのくらいなのか
 
打開策はないのか?
 
ということについて
考えてみたいと思います。
 
 

ワックス脱毛は本当に痛い?

 
 
 
 
 
先程からもお話ししている通り、
 
ブラジリアンワックスでは
ワックスを使ってムダ毛を抜いていくので
痛くないはずがありません。
 
特にブラジリアンワックスが
得意とするVIOについては
体の中でも痛みを感じやすい部位なので、
 
覚悟した方が良さそうです。
 
でも、
 
本当に痛いなら
デリケートゾーンを
ワックスで抜くという
荒業とも言える
ムダ毛処理方法が
ここまで広まるでしょうか?
 
それが不思議でたまらないのです。
 

脱毛を繰り返すことで痛みが緩和される?

 
さまざまな
ブラジリアンワックスについての
情報をみていると、
 
ブラジリアンワックスは
はじめはものすごく痛いけど
回数を重ねることで
痛みが軽減されていく
という声を目にしました。
 
それはどういことかというと、
 
ムダ毛をワックスで抜いていくことで
徐々に毛が弱くなっていったり
細くなっていくのだそうです。
 
そのため
はじめの頃と同じように抜いても
あまり痛みが強くはないのだそうです。
 
これについては
私も経験があるのですが、
 
眉毛やワキなどを
ピンセットで抜いたりした時、
 
はじめはすごく痛かったけど
繰り返していくことで
あまり痛みを感じず
スルッと抜けていけるようになりました。
 
また、
 
ワックスにも抜き方があるようで
上手に抜けたときには
それほど痛みも感じないようです。
 

痛み軽減策はコレ!

 
 
 
 
それでもやっぱり心配!
はじめはやっぱり痛いんでしょ?
と思う方もいらっしゃると思います。
 
私もまだ痛みに関しては
不安が残っているので、
 
そんな時のための
痛み軽減策について
ご紹介したいと思います。
 
まず、
 
ブラジリアンワックスを使用する前に
きれいな状態で脱毛をしたい!
 
という方は入浴後に
行う人もいるかもしれません。
 
その場合、
 
しっかりと水分を拭き取ること
ポイントだそうです。
 
水分が残っていると
上手に抜けないことがあり
痛みの原因にもなるそうなので、
 
そういったことを防ぐためにも
脱毛前には水分オフを心がけましょう。
 
そして、
 
ワックス脱毛を行う上で
大事なことは
ワックスを塗る方向と
剥がす向きをしっかりと
おさえるということです。
 
私のような
初心者の場合は
ワックスを塗る方向があるなんて
知らないので、
 
はやる気持ちを抑えきれずに
自己流で塗ってしまうかもしれませんが、
 
ワックスを塗る方向と
剥がす方向を抑えることで
上手に脱毛することができるそうです。
 
その塗り方というのが
塗るときには
毛の流れに沿って塗り、
 
剥がすときは毛の流れと反対方向に
一気に抜いていくということです。
 
 
また
ワックスを剥がす際には
皮膚が一緒に引っ張られないように
しっかり手で押さえておくということも
痛み軽減には効果的だそうです。
 
 
【レビュー】
 
 

まとめ

 
今回は
ブラジリアンワックスに
チャレンジするにあたって
最も不安である
痛みについて取り上げてみました。
 
回数を重ねるごとに
痛みは軽減していくと言いますが、
 
やっぱり痛いのは
心配ですよね。
 
しかし、
 
対策も色々あるようですし
最近注目を浴びている
ブラジリアンワックスですから、
 
チャレンジする時は
リスクを最小限にして
望んでいきたい!
 
そんな風に思っています。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする