考え方が違う?毛質の違い?外国と日本のムダ毛処理

考え方が違う?毛質の違い?外国と日本のムダ毛処理

 
 
外国人は
腕やワキなどの
ムダ毛処理をあまりしないと
聞いたことがありませんか?
 
実際、
 
欧米人にとっては
アンダーヘアのお手入れは
重要であっても、
 
ワキや腕など
アンダーヘア以外の部分は
手を加えずにそのままの
ことも多いようです。
 
日本の女子にとっては
露出の多い部分の
ムダ毛を処理するということは
必要不可欠ですが、
 
ムダ毛を剃らないことを
”ナチュラル”と捉える
国もあるようです。
 
ずぼらで極力面倒なことを
避けたい派の私は、
 
世界の主流は
ナチュラルだから
ムダ毛を処理しなくてもいいのか!
 
と飛び付きそうになりましたが、
 
そこには
日本人の越えられない壁があったのです。
 

ムダ毛ナチュラル派の欧米人は毛質が違う

 
 
 
 
日本と海外の
ムダ毛処理事情について
調べていく中で分かったことが、
 
日本人と欧米人の
毛質の違いです。
 
よく町中を歩いていたり
観光地などへ行くと、
 
ブロンドヘアや金髪をなびかせた
外国人美女を目にすることがあります。
 
彼女らは
髪の毛だけが色素の薄い色
なのではなく、
 
髪の毛以外のムダ毛も同様
金髪であったり
ブロンドであったりするので、
 
生えていてもあまり目立たないのです。
 
また、
 
日本人に比べると
柔らかい毛質のようで、
 
ムダ毛が
ワキなどに生えていたとしても
あまり気にならないようです。
 
だから、
 
私のように
「今世界の主流は
ナチュラルだから
面倒なムダ毛処理はパス!」
 
なんて思っていると、
 
私たち日本人は
毛の色が黒く毛質も固めなため、
 
生えていると目立ってしまうので、
 
すでにムダ毛の処理が
習慣化している日本では
ナチュラルだからオッケー!
という風にはいかないのが現状です。
 
 

学ぶべきは中東諸国のムダ毛処理

 
欧米ではアンダーヘア以外の
ムダ毛処理は行わないことが多いようですが、
 
中東やイスラム圏の国々では、
 
他の国よりも脱毛が一般的なのだそうです。
 
イスラム教では
デリケートゾーンやワキのムダ毛を
脱毛することが決められており、
 
ほとんどの人が
脱毛を行っているんだそうです。
 
 
アンダーヘアが生えていることが
不潔であるとされていることや、
 
気温が高いために
毛ジラミを防ぐためにも
ムダ毛処理は徹底的に
行われているんだそうです。
 
 
 

トルコで産まれた塗るだけムダ毛ケア!

 
ここで参考にしたいのが
トルコで産まれた
塗るだけのムダ毛対策商品、
 
ヘアリデューシングクリーム
 
 

 
 
 
トルコの人も宗教上の理由から
全身のムダ毛をしっかりと
お手入れしなければなりません。
 
 
ムダ毛処理をしなければならない
トルコで産まれたものだから、
 
効果も期待できますし
全身に使える抑毛クリームということで
注目されているんです。
 
この
ヘアリデューシングクリームは、
 
 
使用した人の満足度が高いのも
特徴の一つです。
 
全世界で100万個以上もの
売り上げを誇っていることから、
 
日本に上陸してから
噂になっている
ムダ毛対策商品なんです。
 
私も使ってみましたが、
 
ムダ毛処理をしているとは
思えないくらい簡単でした。
 
ふんわり香る
クリームをムダ毛処理後のお肌に
馴染ませていくんですが、
 
ムダ毛対策のためというより、
 
ボディクリームで
マッサージしているような感じなので
苦にならずに続けられます。
 
塗った後のお肌も
しっとりしているので、
 
乾燥で悩んでいた
私にとっては
ぴったりのムダ毛対策です。
 
 

まとめ

 
今回は、
 
外国のムダ毛処理について
調べてみましたが、
 
ムダ毛に対する考え方は
国によって様々です。
 
また、
 
日本人は欧米人との毛質の
違いから、
 
ムダ毛処理に関しては
一生懸命取り組んでいるのかも
と思いました。
 
面倒くさいと
思うこともありますが、
 
ムダ毛の処理をしっかりと
行うことで、
 
お肌もキレイに見えるので、
 
今後も
なるべく自分にとって
負担にならない方法で、
 
ムダ毛処理を
続けていけたらと
思いました。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする