デリケートな顔のムダ毛処理、気をつけることは?

デリケートな顔のムダ毛処理、気をつけることは?

化粧品の広告や
雑誌の表紙などに写っている
モデルさんのお肌って綺麗ですよね。
 
ここ最近
よりそういったお肌の綺麗な
芸能人やモデルさんの写真が
気になります。
 
若かった頃は
いつかは私もこういうお肌に
なれるはず!と、
 
確信はないけど
希望は持っていました。
 
しかし、
 
その希望は見事に崩れ去り、
 
ここ最近の私のお肌ときたら
老化と疲労が入り混じり、
 
お顔の皮膚がくたびれている感が
日に日に目立ってきております…
 
そんなお肌を
少しでも綺麗に、
 
そして明るく見せるために
せめて顔に生えているムダ毛は
しっかりと除去していきたい!
と思っていますが、
 
皆さんはお顔のムダ毛をどのように
処理していますか?
 

意外と難しい顔のムダ毛処理

 
 
 
以前
自分で行うムダ毛処理が難しい箇所として
 
ということについてお伝えしましたが、
 
私としては
見やすい部分である
顔のムダ毛も処理が難しい部分の
一つであると思っています。
 
その理由として、
 
顔の皮膚は他の部分に比べて
デリケートであるため、
 
なるべくダメージを与えたくない
ということから
顔に生えている産毛の処理には
結構気を使います。
 
顔というのは
第一印象を決める部分でもあるため、
 
なるべくダメージを与えたくはありませんね。
 
また、
 
ムダ毛処理によるダメージを
重ねていくことによって
お肌の老化などにもつながっていったら
怖いな〜と個人的に思っているので、
 
顔の産毛を除去する際に
どういった方法が一番良いのかということも
知っておきたいと思っています。
 

カミソリを使う場合はお肌のケアをしっかりと!

 
おそらく顔の産毛を処理する際にも
カミソリを使用する人は多いと思いますが、
 
これまでもお伝えしてきた通り、
 
カミソリでのムダ毛処理は
お肌に与える負担も大きくなります。
 
【関連記事】
 
 
そのため、
 
デリケートな部分である
顔のムダ毛を処理する際には
いつも以上に
慎重になる必要があります。
 

顔のムダ毛処理はお風呂上がりがベスト

 
顔のムダ毛処理をするタイミングとして
一体いつがいいのかということですが、
 
メイクを落として
皮膚もきれいになっている状態の
お風呂上がりに処理するのが良いそうです。
 
産毛を剃っていく際に
肌に傷ができてしまった時に
メイクをしていたりすると
雑菌が傷口から侵入して
肌トラブルの原因にもなるので、
 
ムダ毛処理をする際には
しっかりとメイクや汚れを落として
きれいな状態の時に行いたいですね。
 
また、
 
入浴後の肌というのは
皮膚が程よく温まり
毛も柔らかくなっているので
ムダ毛処理もしやすい状態になっているので、
 
ムダ毛処理をするには
いいタイミングのようです。
 

専用のシェービングクリームの使用

 
ムダ毛を剃っていく前の
下準備として、
 
顔にも使用できる
専用のシェービングクリーム塗りましょう。
 
シェービングクリームがない場合は
保湿クリームや
乳液などでも代用できるようなので、
 
カミソリでムダ毛を剃る際は
お肌への負担を軽減し、
 
ムダ毛の処理をしやすくするためにも、
 
シェービングクリームや乳液などを
しっかりと塗るようにしましょう。
 

ムダ毛を剃る際は逆剃りNG

 
逆剃りをすると
カミソリ負けなどの
お肌トラブルの原因となるそうですが、
 
特に顔の場合は
皮膚も他の部分よりも
薄くデリケートなので、
 
逆剃りはせずに
上から下に向かって
剃るようにすると良いそうです。
 

アフターケアの保湿も忘れずに!

 
 
 
 
ムダ毛の処理が終わた後のお肌というのは
ダメージを受けた状態になっており、
 
乾燥もしやすくなっています。
 
そのため、
 
ムダ毛処理をした後は
しっかりと保湿をして
あげるようにしましょう。
 
お肌も敏感になっているため、
 
なるべく低刺激で
自分の肌に合った化粧水や美容液で
しっかりとケアをし、
 
ムダ毛を処理した後の
美肌をキープしていきましょう。
 

まとめ

 
今回はカミソリを使用した
顔のムダ毛処理方法について
お伝えしました。
 
顔は非常に
ナイーブな部分であるため、
 
ムダ毛処理によるダメージも
最小限に抑えていきたい部分です。
 
カミソリを使用した
ムダ毛処理方法の他にも、
 
よりダメージの少ない
トリマーや家庭用脱毛器を使用した
方法もあるようなので、
 
また次回以降
他のムダ毛処理方法についても
検証していきたいと思います。
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする