買う前に知っておきたい!家庭用脱毛機の副作用って?

買う前に知っておきたい!家庭用脱毛機の副作用って?

 
最近では電車に乗っていると
脱毛サロンの広告をよく見かけます。
 
それを見ると、
 
私も脱毛したいな~
なんて思ってしまいますが、
 
全身脱毛しようと思うと
結構な値段がかかってしまうということで、
 
ちょっと私には無理だなと
諦めています。
 
だからこそ
自分でも簡単にできる
ムダ毛処理方法を求めて
日々情報検索に
明け暮れているわけですが、
 
そんな中
私が見つけたのがコレ
 
 
家庭用脱毛機です!
 
正直今回脱毛機について調べるまで、
 
家庭用脱毛機ってどうなの?
あまり効果ないんじゃないの?
疑問ばかり浮かんでいましたが、
 
家庭用と言えど
脱毛方式はエステと同じ
光脱毛やレーザー脱毛
の物もあるので、
 
自宅にいながらにして
エステと同じ効果が得られる
ということで今注目されています。
 
脱毛機の中でも特に人気の高い
家庭用脱毛機を知りたい方は
 
 
 
でも、
 
家庭用脱毛機を使うにあたって
心配なのが副作用ですよね?
 
脱毛について調べると
お肌へのダメージなど
色々出てきます。
 
ましてや自分で
脱毛することになるので
安全面は特に気になります。
 
そこで今回は、
 
家庭用脱毛機の
副作用について
調べてみたいと思います。
 
 

考えられる家庭用脱毛機の副作用とは?

 
 
 
では、
 
家庭用脱毛機で
脱毛するときに
考えられる副作用や
デメリットについて
考えてみたいと思います。
 

痛み

 
脱毛サロンやクリニックなどの
脱毛について口コミを調べてみると、
 
痛みについてのコメントが
多く見られます。
 
家庭用脱毛機に関しても
エステサロンなどと同様に
痛みというのは出てきてしまうようです。
 
特に
光脱毛よりも威力の強い
レーザー式の脱毛機の場合、
 
より痛みを感じやすくなります。
 
また、
 
皮膚の薄い部分や
毛が太い部分を脱毛しようとすると、
 
その分痛みも感じやすくなるようなので、
 
痛みに関しては
脱毛する部位や
個人差も大きく影響してくるようです。
 
 

肌へのダメージ

 
脱毛するにあたって
一番心配なのは
お肌へのダメージ
ではないでしょうか?
 
家庭用脱毛機の
お肌へのダメージとして
気になるのが、
 
肌の腫れや赤みといった
脱毛後の炎症
 
そして乾燥ではないでしょうか?
 
脱毛に限らず
ムダ毛を処理するということになってくると、
 
少なからず
お肌にダメージを
与えることになってしまいます。
 
このブログ内でも何度か
ムダ毛処理後のお肌のダメージを防ぎ、
 
ムダ毛処理と併せて
ツルスベ肌をキープするための
アフターケア方法
ご紹介してきましたが、
 
家庭用脱毛機を使用した後も
アフターケアは重要になってきます。
 
赤みや腫れ対策には
保冷剤などで
脱毛箇所を冷やすことが
効果的ですが、
 
乾燥についてもお肌を
しっかりと保湿してあげることが
お肌への新なダメージや
痛みなどを防ぐには重要な
ポイントになってきます。
 
そんなスキンケアの基本である
乾燥に関しては、
 
こちらの
の記事を参考にしてみて下さい。
 
 

家庭用脱毛機の副作用を防ぐには?

 
家庭用脱毛機を使用するにあたって
副作用になり得るものを
お伝えしてきましたが、
 
極力お肌への影響を
防ぎながら脱毛していくには
アフターケアや正しい使用方法
大事になってきます。
 
そして、
 
意外と重要で簡単に
肌へのダメージ対策になるのが
適切な脱毛機選びです。
 
脱毛機と一口に言っても、
 
色々な種類があるので
その種類の分だけ
性能や脱毛効果も変わってきます。
 
でも、
 
脱毛機を調べてみると
本当に色々な種類があって
どれを買えばいいかわからないですよね?
 
そこで、
 
私が独自に口コミや
公式ホームぺージなどを調べてみて
コレは!と思った脱毛機を
ご紹介します。
 
 
それはこちら!
 
 
 
ケノンです!
 
人気商品なので、
 
すでにご存じの方も
いるかもしれませんが、
 
なぜこのケノンが
イチオシかということですが、
 
ケノンなら
10段階のレベルから
自分の肌質や目的に合った
強さでムダ毛処理を行えるので、
 
痛みが苦手!という人や
お肌へのダメージが気になる!
という人のニーズにも合った
脱毛を行うことができます。
 
詳しくは
 
 
お肌をきれいに保って
脱毛するヒントが
見つかるはずですよ!
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする