節約しながらキレイになるには自宅で脱毛がgood!

節約しながらキレイになるには自宅で脱毛がgood!

 
今年の夏こそは
脱毛してお肌つるつるになって
かわいい水着を着たかった…と、
 
夏が終わったこの頃に
毎年のように後悔している私…。
 
そして毎年決まってこう思うのです。
 
「来年までにお金をためて
今度の夏こそは全身脱毛するぞ!」
 
私が脱毛に
チャレンジできない理由として、
 
もっとも大きなものが
金銭面です。
 
決して多くはない給料に
将来の不安も相まって、
 
20~30万円する脱毛には
なかなかチャレンジできないのです。
 
私と同じように
金銭的な理由から
脱毛したいけどできないという方は
多いのではないでしょうか?
 
でも、
 
今の時代みんな脱毛してるし、
 
高いからって
キレイになるのを
諦めたくないですよね?
 
そこで
最近考えているのが
お金をそんなにかけなくても
お肌をきれいにする方法。
 
脱毛したい欲求が高い私にとって、
 
最近もっとも気になるのが
家庭用脱毛器です。
 
 
 おすすめ記事

自宅でお肌つるつるにするには家庭用脱毛器が◎

 
 
 
 
脱毛サロンによる
脱毛の普及と共に、
 
ここ近年
進化を見せているのが
家庭用脱毛器です。
 
何年か前までは
ムダ毛を抜く方式の脱毛器や
電機シェーバーなどは、
 
家電量販店でも
よく見かけましたが、
 
最近では
エステ脱毛と同じように
自宅でも光脱毛やレーザー脱毛が
できるマシンも登場してきているんです。
 
これまでは
自宅用の脱毛器って
高いだけで効果がないような
イメージを持っていましたが、
 
エステと同じ方式で
脱毛できるということを知り、
 
家庭用脱毛器でもいいかも?って
思い始めてきました。
 

家庭用脱毛器はどのくらいお得?

 
では、
 
家庭用脱毛器だと
エステサロンに比べて本当に
お得に脱毛できるのでしょうか?
 
家庭用脱毛器の中でも
特に人気の高いケノンを
例にとって考えてみたいと思います。
 
 
 
 
通常、
 
エステサロンで
全身脱毛をしようと思うと
20万円~30万円ほどかかってしまいます。
 
クリニックのレーザー脱毛だと
効果が高い分値段の方も張ってしまうため、
 
40万円を越えてしまう場合もあります。
 
各サロンやクリニックでは
分割払いもできるようなのですが、
 
何年間も脱毛費用を
払い続けるのは
私は正直辛いなと思ってしまいます。
 
では、
 
家庭用脱毛器だと
いくらくらいになるのかというと、
 
ケノンの場合
カートリッジや本体のセットで
 
69,800円で購入することができます。
 
つまりは、
 
7万円弱で自分の好きな場所を
脱毛することができるので、
 
この値段を考えると
家庭用脱毛器ってかなり
コスパいいと思います。
 
プロに脱毛してもらう方が
上手に行ってもらえるかもしれないし
楽ちんですが、
 
自分で脱毛を行うだけで
10万円~20万円も節約できるって考えると、
 
浮いたお金で
旅行でも行っちゃおうかな
なんて思ってしまいます。
 
 
 

家庭用脱毛器を買う際の注意点

 
コスパの面ではかなりお得な
家庭用脱毛器ですが、
 
商品選びの際に
注意しないとお得どころか
あまり効果がなかった!ということや、
 
色々な機種を試しすぎて
逆にお金がかかってしまった!
ということにもなりかねないので、
 
脱毛器選びには
慎重になる必要があります。
 
では、
 
脱毛器を買う際には
どういった部分に注意をすればいいのか?
ということについて
お伝えしたいと思います。
 

ポイント1 効果がある脱毛器を選ぶ

 
 
まず一番のポイントというのが
やはり効果があるものを選ぶ
ということです。
 
口コミサイトや
通販で購入者の口コミを見ると、
 
その商品が
効果があるのか効果がないのかが解り、
 
機種選びの参考になります。
 
購入する前には
口コミなどを参考にして
なるべく効果の高い
脱毛器を選ぶようにしましょう。
 
 

ポイント2 寿命の長いものを選ぶ

 
家庭用脱毛器には
寿命があるというのを
ご存じでしょうか?
 
どんな家電製品でも
壊れたら使えなくなってしまいますが、
 
それとは別に
フラッシュタイプの
家庭用脱毛器はずっと使っていると
光を当てる部分のカートリッジの
威力がなくなってしまいます。
 
つまり、
 
カートリッジは照射できる回数が
決まっているため、
なるべく照射回数の多い脱毛器
選ぶとよいでしょう。
 
もし寿命が短い脱毛器を
選んでしまった場合、
 
頻繁にカートリッジを
交換しなければならず、
 
手間がかかる上に
割高になってしまう場合もあります。
 
 

ポイント3 光の照射レベルが選べるもの

 
通常、
 
どの家庭用脱毛器も
光の照射レベルを選ぶことは
できますが、
 
選べるレベルが少ないものだと
レベルの強いものは痛すぎたり
逆に弱いレベルだと効果がなかったりと、
 
自分に合った威力に
調節するのが難しい場合があります。
 
特に脱毛をするのがはじめて
という方で自分には
どの程度のレベルが合っているのか
わからない人にとっては、
 
なるべく照射レベルの
幅が広いものを選ぶといいと思います。
 

ポイント5 照射範囲の広いもの

 
脱毛器で脱毛する場合、
 
一度にどの位脱毛できるかというのは
それぞれの脱毛器によって異なります。
 
この照射範囲が
広いか狭いかというのは、
 
脱毛を快適に行っていくうえでも
重要になりますし、
 
照射漏れを防いだり
時間短縮するにも重要になってきます。
 
通常であれば
効果が高いといわれている
レーザー脱毛でも、
 
家庭用の
レーザー式脱毛器の場合、
 
照射範囲が狭いため
広範囲を脱毛するには
時間がかかる上、
 
照射漏れも気になります。
 
そのため、
 
脱毛器を購入する際には
照射範囲も
考慮して選ぶようにすると、
 
毎回の脱毛が億劫にならずに
快適にムダ毛ケアを
行うことができます。
 
 
 

まとめ

 
今回は、
 
脱毛したいけど
値段的にサロンには通えない!
という場合の強い味方、
 
家庭用脱毛器について
お伝えしました。
 
選ぶポイントをしっかりおさえて
脱毛器をゲットすれば、
 
費用を抑えて
サロン並みの脱毛効果を
得ることができます。
 
もし、
 
どの脱毛器がいいかわからない!
という方は、
 
の記事も参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする